任意売却までの流れ

任意売却までの流れ

住宅ローンが払えなくなるという予感がしたら、早めに任意売却の相談をすることが大切です。

 

任意売却を成功させるか否かは、全て不動産屋の交渉力で決まります。
ただし、銀行との交渉を成功に導くためには、住宅ローンのみならず他のローンの有無も正直に答える必要があります。隠し事があると、交渉を有利に進めることができないのです。

 

銀行との交渉は、債務減額も含めた交渉がされます。
少しでも債務を減らすことで任意売却の資金だけで債務弁済ができるようにするためです。

 

任意売却では不動産屋が住宅を買い取りますが、買い取った不動産が売却できるか否かのリスクがあるため、買取価格は時価より低くなります。任意売却後に債務を残さないためには債務削減が必要なのです。

 

銀行側との話が付けば、任意整理は成功したようなものです。競売ではないので、退去までには余裕があります。
それまでに引越先を落ち着いて決めることが可能です。また、最近の任意売却案件では、引越費用も出してもらえることが多いため、資金面の心配が軽減されます。

 

もし、不動産屋側が買主を見つけることができれば、当然売却価格は上がります。いずれにせよ、売買契約を結び、ローン返済を終了させ、住宅ローンから解放されることになります。


このページの先頭へ戻る