任意売却と競売の違い

任意売却と不動産競売ではどのような点が違っているのでしょうか

 

住宅ローンの支払いが滞った場合には、住宅ローンの資金を確保する為に、物件は不動産競売にかけられるのが一般的です。

 

そこで不動産競売の事をインターネットで調べていると、任意売却という文字を必ず見かけると思います。

 

よく見てみると、不動産競売も任意売却も同じような感じに思えてしまう事もあるでしょう。

 

 

そこで任意売却と不動産競売の相違点を色々と見ていきたいと思います。

 

その上で、どちらを選択した方が良いのか判断しても遅くはありません。

 

不動産売却とは、住宅ローンの支払いが困難な時に、裁判所から強制的に不動産を競売にかけるよう指示される事を言います。

 

その為、不動産競売を止めるように意見する事はできませんし、売れた場合はローンの返済に充てられます。

 

大体競売の価格は購入した物件の7割から8割ぐらいの値段で売れる事が多くなっていますが、それでも返済しきれない場合には自己破産しかありません。

 

それに対して任意売却の場合には、こちらで自由に行う事ができるだけでなく、競売よりも高い値段で売却する事も可能なので、もしローンが支払えなくなった場合には、明らかに任意売却の方がお得です。

 

ただし、任意売却にするか、不動産競売にするかは早めに決めておかないと、裁判所側の支持で強制的に不動産競売となってしまうでしょう。

 

その為、任意売却を選択するのであれば、早めに任意売却アドバイザーに相談しておかなければいけませんし、手続きもできる限り急ぐ必要があります。


このページの先頭へ戻る