任意売却にするメリット

任意売却は、競売に比べ多くのメリットがあります

 

不動産を売却する場合は、不動産会社へ仲介手数料、抵当権の抹消費用が必要になります。

 

マンションを購入している場合は、管理費や修繕積立金などの滞納金額。

 

 

マイホームを購入している場合は、住民税や固定資産税などの滞納金額。

 

競売の場合は、これらを支払う必要がありますが、任意売却の場合は、債務者が支払います。

 

そして、最大のメリットは、競売に比べ高額で売却が出来ることです。

 

高額で売却することが出来るので、場合に寄っては現金が残る場合もあり、引っ越し費用に回すことが可能です。

 

競売が開始される場合は、競売情報がインターネットや新聞に乗ってしまうので、多くの人に知られる可能性がありますが、任意売却の場合
は物件の情報収集がおこなわれないので、周りに知られる心配がありません。

 

このように、競売に比べると任意売却よりもメリットは多くあります。

 

しかし、任意売却をする判断が遅くなってしまうと、競売が開始してしまうこともあるので、悩む前に専門の法律家に相談をしましょう。

 

早く相談をしておけば、万が一、競売開始になってしまった場合でも、任意売却に出来ることがあります。

 

競売開始の通知が届けば、手続きに必要な時間がわずかです。

 

すぐに行動しなければ、任意売却に出来ないので、注意が必要です。

 

専門的な知識のある弁護士や司法書士に相談をしておけば、どのような問題でも協力してもらえます。

 

1人で抱え込まずに、まず相談です。

 


このページの先頭へ戻る