任意売却のタイミング

任意売却を行うタイミングをしっかりと見極める為の方法

 

任意売却をする場合であっても、どのタイミングで任意売却に踏み切るべきなのかがわからないという人もたくさんいます。

 

そこで、どのタイミングで任意売却を行うべきなのかをしっかりと見極める事が大切になります。

 

基本的に裁判所によって差し押さえられてしまえば、もう任意売却を行う事はできず、強制的に不動産競売となってしまうので、その前に任意売却を行わなくてはいけません。

 

 

通常住宅ローンの支払いが滞ってしまった場合には、まず督促状が届くようになっています。

 

それでも支払が行われていない場合には、電話が掛かってくる事もあるのですが、この時点で任意売却を考えると手遅れになる可能性が高くなるので、その前に任意売却を行っていなくてはいけません。

 

早い分には特に問題はありませんが、遅くても督促状が届いたらすぐ任意売却アドバイザーに相談しておきましょう。

 

基本的には不動産競売が行われるまでに、任意売却を行っておく必要があるという事を忘れてはいけません。

 

もし今後ローンの返済ができなくなってしまうと予想ができる場合には、督促状が送られてくる前に任意売却しておいてもよいでしょう。

 

ただし、支払える目処が立つという事もあり得ない事ではないので、支払いができなくなった時点で任意売却を行うのが最も良いタイミングと言えるのではないでしょうか。

 

その時になって任意売却という方法がある事を知らないと大問題なので、住宅ローンを組む時に、任意売却の事を多少勉強しておく事をお勧めします。


このページの先頭へ戻る