任意売却は早めに相談

ローンを滞納したらすぐに相談しましょう

 

様々な理由で不動産を手放さなければならなくなった場合、早めに決断を出すことが大切です。

 

住宅ローン返済の為に、複数の金融機関で借金をしてしまっては、取り返しのつかないことになってしまいます。

 

返済が厳しくなった、厳しいなと感じたらすぐに任意売却の専門家に相談をしましょう。

 

この時、間違っても一番最初に弁護士さんに相談に行かないようにしましょう。

 

弁護士さんは法律の専門家です。

 

自己破産や民事再生を進められてしまいます。

 

 

任意売却の専門家に早く相談することで、不動産を少しでも高額で任意売却できる方法、任意売却したあとの引っ越し相談にも乗ってもらうことが出来ます。

 

競売が開始してからでは、時間が足らずに任意売却は失敗してしまう可能性があります。

 

任意売却をすることが出来れば、市場価格に近い金額で売却することが出来るので、競売よりも高額で売却することが出来ます。

 

そして、他人に事情をしられる心配もなく、売却後は手元に現金が残るケースもあります。

 

しかし、競売の場合は、職場などに知られてしまう可能性があり、売却後に手元に現金が残ることがほとんどありません。

 

そして、競売での売却が決まれば、すぐに退去しなければならず、新しく済む家が決まっていなくても、強制的に退去しなければならない強制執行もあります。

 

金融機関や専門の法律家は、住宅ローンの滞納が長くなればこのような問題が起こることは十分に理解しています。

 

1人で悩むなら、まずは相談することから始めましょう。

 

納得のいく返答をもらうことが出来なくても、専門知識がない場合は考えている時間さえ無駄なのです。

 

住宅ローンの返済が滞ったら、すぐに行動しましょう。

 

 

 

信頼できる任意売却業者の選び方

http://hawaii-coffee.com/


このページの先頭へ戻る