任意売却後に残った債務は?

任意売却を行った後に残ってしまう残債はどうなるのでしょうか?

 

任意売却は不動産競売よりも高く売却できる事は知っているでしょう。

 

しかし、任意売却を行った事で、全てのローン残高を支払える場合もあれば、完全に支払えない場合もあります。

 

完全に支払えない場合には残債が残ってしまう為、のちの支払いが難しくなるでしょう。

 

簡単に支払えれば任意売却を行わないので、当然この後の支払いが大変になる事は誰でもわかっています。

 

その為、任意売却を行った後に残る残債については、かなり融通の利く交渉が可能になっている事も任意売却の利点です。

 

通常残った残債については、支払額が毎月数千円で済んでしまう場合や、残債の額を減額してくれる場合もあります。

 

この時に実際交渉を行うのは保証会社の方に移っているので、今まで通りに金融機関などの業者との交渉ではなくなる為、このように融通が利きやすくなるのです。

 

この時に行う手順や方法なども任意売却アドバイザーがしっかりとサポートしてくれるので安心できます。

 

ここでよく考えてほしい事があるのですが、通常家を購入してローンを組む時には、必ず審査を行ってからローンを組みます。

 

十分支払って行けるだけの給料やたくわえが無ければ当然審査には通りません。

 

よってローンを組んですぐ支払いができなくなるという事は殆ど無いのが現状です。

 

大体ローンの残高が半分以下になってから支払いが困難になる場合が一般的なので、任意売却を行った時に残債が残るというパターンは殆ど無い場合が多くなっています。


このページの先頭へ戻る