任意整理をすると次にローンは組めない?

ローンを組むのが難しい??

ローン会社は貸出の可否を判断する際に、信用情報機関へ登録された個人の信用情報を参照しています。

 

信用情報には、破産、延滞等の情報の他、任意整理の事実が登録されます。

 

従って、任意整理が行われた場合、以降の借入の際は、当該情報を元に審査がされることになるため、通常はローンを組むのが難しくなります。

 

 

もちろん、個別のローン会社が最終的に判断することなので、貸してもらえるケースがないわけではありませんが、期待すべきではないと言えます。

 

この信用情報ですが、いつまでも登録されているわけではなく、一定期間で情報が抹消されます。

 

登録抹消までも期間は信用情報機関によって異なります。

 

概ね、完済時から5年程度のようです。

 

信用情報機関に自分の情報がどのように登録されているかは情報開示請求をすることで確認できます。

 

よく、ローンを申し込んでみれば分かると言われることがありこれも一つの方法ではあります。

 

ただ、ローンの申し込みを行うと、その申し込みを行った事実、が登録されます。

 

そして頻繁に申し込みをしている事実そのものが審査に通らない一因になることがあります。

 

情報の残らない情報開示請求の方がこの点からはより安全であると言えます.

 


このページの先頭へ戻る